Feez施術理論

取れない疲れ。。慢性疲労・倦怠感の種類と、その回復方法とは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
飯田橋、頭、自律神経、マッサージ、疲れ

回復できない、疲労や倦怠感の原因は身体の歪みにあることが多いです。

何故かというと、身体の歪みが脳と身体の情報を伝達する働きをしている神経、
そして血流を圧迫してしまっているからです。

こんな状態では身体が良くならないのは当たり前ですね。

前回ご紹介したAさんは、やはり体の歪みがありました、特に頸椎(首の骨)です。
頸椎は脳から全身へ伝わる神経のすべてが通っているところです。なので、ここが歪んで圧迫されていては
いくら良い習慣を取り入れたとしても、疲れや倦怠感が回復する事はありません!

Aさんはこの根本的な原因になっている身体の歪み(頸椎)を整えたことで、疲労や倦怠感から徐々に回復し、
元の元気な状態を取り戻しました。
通い始めてはじめの内は(1~3回目)施術後のすっきり感はあったのですが、2.3日するとまた倦怠感が出てくるとの事でした
しかし、4~8回目になってくると一週間以上は楽な状態が続くようになり、10回目以降になると
自分で意識する事で、ほとんど疲労感や倦怠感を感じる事が無くなったそうです。
今では月一回、メンテナンス的に通う事で良い状態が維持できています。

脳と身体の伝達がうまくいくようになり、身体の機能が向上したこと、そして
日常での判断力(休息やストレッチ、運動、気分転換の仕方等)が高まったからです。

疲労や倦怠感は、私たちに休息の必要性と体の異常を教えてくれる重要な警報装置です。
本来は一時的なものであり、睡眠や休息を取ることで回復することができると考えられています。

疲労が回復しない要因には、体調や精神状態、日常の生活習慣が大きく関わっており、
近年では特に、長時間のPCやスマホ、緊張やストレスからくる身体の歪みによる事が多いと言われています。

そのまま長引かせてしまうと病気を引き起こしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

疲労や倦怠感の種類は症状や原因によってさまざまです。
また、体と心は互いに関係しているため、疲労によって生じる影響が一つだけにとどまらないことも考えられます。

ここからは疲労や倦怠感、その種類と原因、回復方法についてご紹介していいます。

【疲労の種類】

・末梢疲労

脳以外の部分(末梢)が原因となる疲労を指します。
筋肉疲労や眼精疲労も含まれ、動き続けたあとの倦怠感やだるさなどもその一つです。
疲労しているのは筋肉のため、十分な休息をとれば回復が期待できます。

・中枢性疲労

脳が長時間の緊張状態を強いられることで、調整能力が十分に機能しなくなった状態です。
この状態が長期間続くと、認知機能の停滞や脳機能の障害を招く場合もあります。
病気が原因となっているか否かで生理的なもの、病的なものに分類されます。

・生理的疲労

病気以外での体の疲労のことを指します。主な原因は、過労・ストレスや、食生活の乱れ・睡眠休養不足・運動不足など生活習慣の乱れによるものと考えられています。

・病的疲労

病気を原因とした疲労のことを指します。
休息を取っても原因となる病気が治癒しない限り、だるさや倦怠感は継続・悪化してしまう可能性があります。

・精神疲労

心(精神)の疲労が原因で、心がいつものように機能できないことを指します。
無気力・無関心・神経過敏・不安感などの症状が現れるのが特徴です。

【自分でできる疲労回復方法】

体を動かしたいと思いますか?食欲はありますか?ただ何も考えずに寝たいというときもあるでしょう。
そのときの疲労度合いによって回復に適した内容も変わってきます。
疲労の段階によって、ご自分ができることを探してみましょう。
ここでは休養・食事(栄養)・運動の必要性とアプローチ法を取り上げます。

・休養

体を休めることは一番重要なポイントです。疲れた体と心を労りましょう。

・睡眠

疲労回復に一番効果があるといわれているのが十分な睡眠です。
睡眠中には日中使われている脳細胞が休まり、全身の新陳代謝・疲労回復が図られます。
一日に理想的な睡眠時間は6~8時間前後といわれていますが、十分な睡眠時間がとれているのならば、時間にこだわる必要はありません。

お風呂

入浴には体を休めるリズムを作ることができます。
熱め(41~42℃)の入浴は起床時にさっと体を起こす効果があるのに対し、
ぬるめ(38~40℃)の入浴は、副交感神経が優位になるため、睡眠前のリラックスに効果的です。

・瞑想

心身療法の一つとされています。
ストレス軽減や感情のコントロールに有効な精神統一法であり、心のバランスを整えるために効果的です。
瞑想法にはさまざまな種類があり、健康増進のみならず体の症状を緩和・回復に働きかけるものもあると研究が進んでいます。

米国政府調査によれば、不安感・痛み・うつ病・ストレス・不眠症・慢性疾患(心臓病、HIV/AIDS、がんなど)
およびその治療と関連している可能性のある身体的または心理的症状など多くの疾患の対策に瞑想が活用されています。

・香り

香りはリラックスを促してくれるので、生活のなかにも簡単に取り入れることができます。
専用の器具がなくても、入浴時に好みのアロマオイルを湯船に数滴落とすだけで香りが漂い、癒しの効果を期待できるでしょう。

・自然

森や山の中を歩くことでリフレッシュ・リラックスすることができたという経験がある方も少なくはないはず。
森林浴で眠気やだるさなど身体的症状の改善や、ストレスからくるマイナスな自覚症状を下げられることが分かっています。
また、マツなどの樹木から発散される「フィトンチッド」と呼ばれる成分は細菌やウイルスの繁殖といった殺菌効果だけでなく、
香りからのストレス解消効果もあり、血圧低下や免疫力を高める効果の研究も報告されています。

・食事

バランスの良い食事を意識すると、疲労回復に欠かせないビタミンやミネラルなどの消化吸収を改善させることが期待できます。
また、少量でも食事を摂ることで、栄養補給だけでなく生活リズムを作ることができます。
疲れを感じているときは、内臓も同じように疲労していることが多いため、体調に合わせて消化吸収の良いものを選び、よく噛んで食べましょう。

・運動

疲労状態の体は筋肉が固まって血行が悪くなり、細胞に栄養を運べなくなったり老廃物を排出したりすることも困難になります。
むしろ体を動かすことによって、全身の血行を良くし、体内にたまった疲労物質を取り除く効果が期待されています。
このように積極的に体を動かして疲労を軽減させる方法を「アクティブ・レスト」といいます。

・軽めの有酸素運動

軽めのウォーキングなどは呼吸循環器系を活発化させ、筋肉を刺激して血行が良くなります。
無理のない強度の運動を続けると脳内物質のセロトニン*が増え心も落ち着きます。
(セロトニンとは、脳内物質の1つで不足すると疲労感・抑うつ状態、不眠なども招きます)

・ストレッチ・ヨガ

縮んでしまった筋肉をゆっくり伸ばすことで血流を高め、筋肉への酸素・栄養供給を促進し、疲労回復を早めてくれます。
ゆったりとした呼吸で行うことが効果的です。
体が温まっているお風呂上りなどに行うと、より筋肉が柔らかくなりやすく、効果が期待できます。

・マッサージ

筋肉をもんだりさすったりするマッサージは、血液やリンパの流れをよくすることで、老廃物を除去する効果があります。
また他人やプロに頼むのもいいでしょう。人の手に委ねてほぐしてもらうことで、リラックス効果の高まりが期待できます。
痛みを感じるほどのマッサージはかえって筋肉を緊張させてしまうので、気持ちよく呼吸ができる程度の強さがおすすめです。

休養・栄養・運動は疲労回復の3原則ともいわれます。
ここでご紹介した疲労回復法は代表的なものでごく一部です

身体の歪みを無くすこと、そして正しい知識を身に着けることで
自分にぴったりの疲労回復法が自然と見つかり、良い習慣も自然とに身についていきます。

もちろん、皆さまお一人お一人の今の状態にあったオーダーメイドなアドバイスもさせていただきます。
Fee’zでお身体根本改善一緒に目指していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

求人情報

コメントを残す

*