Feez施術理論

成功者に見る。自律神経からひも解く”ひらめき力”を備えるその極意とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
飯田橋、頭、ひらめき、マッサージ、自律神経

成功者・一流と言われる方の多くは、自律神経の仕組みをとても上手に使いこなしています。

動く時は動く。休むときは休む。
それはもちろんですが、さらに突出しているのが

自身の持っている“潜在能力”を引き出すことに非常に長けているという事です。

そしてこの潜在能力を引き出すキーになるのが

”自律神経”です。

では、なぜ潜在能力を引き出すうえで、自律神経を整える必要があるのか??

当店には、場所柄
企業代表や経営者、中には個人事業をいくつも運営しているかたも多く来店されますが、
そんな方たちに共通するのが、”施術中は静かな事”

普段は頭をフル回転させて多くの役割を同時にこなしているので、”意図的に自分をみつめ整理する時間”を作っているのだそうです。
喧噪から離れ、自分の意識を潜在意識レベルまで落とすことで心を整理しようとする姿がうかがえます。

成功者は大抵、今までなかったものを世に送り出し、それが多くの人の生活を豊かにして、その恩恵として富や名声を得る。

今まで存在しているものを売りだしても、世の中の多くの人は相手にしてくれませんね。
では、今までになかったものを作り出すにはどうすればいいのか?

アイデアというものは、頭で必死に考えてもなかなか思い浮かびません。
今までの常識や自分の能力を超えて何かを想像する事は並大抵のことではないのです。

しかし、多くの成功者はこれをやってのけています。

今までの常識や、自分の能力を超える。
正しくは“自分の潜在能力を引き出して”今までなかったものを作り出すということ。

それを一言でいうと

“ひらめき”です。

多くの成功者はひらめきを大事にしており、多くの成功者はひらめくことがとても上手です。
ひらめきと言うのは自分の潜在意識を深く探求できるときに得られるものです。

以前であれば「何も考えずにボーっとして休憩しよう」と考えましたが、最新の研究ではボーっとしているときほど、脳が活発に活動していることが分かりました。
その脳のネットワークシステムが、「デフォルト・モード・ネットワーク」です。車にたとえるとアイドリング状態ですね。

デフォルト・モード・ネットワークにおいて中心的な役割を果たすのは、記憶に関わる脳の領域「海馬」。
この状態のときの脳は、何か課題に取り組んでいるときよりも20倍ほど活発になっているといわれています。
また、脳が使う全エネルギーの7割も消費するそうです。

そして、このとき私たちの脳は、無意識のうちに「記憶の断片」をつなぎ合わせていると考えられています。
これが、思わぬ「ひらめき」を生み出してくれるというわけです。

潜在意識の中を旅するとき、人は深いリラックス状態にあり、体の感覚も研ぎ澄まされていきます。

そして、体が深いリラックス状態にあり、顕在意識と潜在意識がつながったときに”ひらめき”が生まれやすいと言われています。
深いリラックス状態にないと、よいアイデアは潜在意識の奥に押し込められた状態でひらめくことはできません。

つまり、ひらめきを得て成功している経営者は、”いつでも深いリラックス状態に自分をコントロールできる事がうまい人”と言えます。

自律神経は交感神経が過剰に働いていると、リラックスできません。その状態では意図的に体の力を抜くのも難しくなってしまいます。
しかし、副交感神経をしっかり働かすことが出来れば体の緊張は取れて、深いリラックス状態に入ることが出来ます。
深いリラックス状態に入ることが出来ればひらめきを得る機会も多くなります。

疲れたらいい考えが浮かばないと言って、問題から一時的に逃避する方がいますが、実はそれは正解なのです。

成功している経営者は、このように意識的に緩める時間を作ることが多いです。

疲れた脳に鞭打って無理やり問題解決法を思考させるより、一度リラックスして考えたほうが、よっぽどよい方向に早く進むことを身をもって実感しているのでしょう。
これがひらめきの力です。

ですので、意識的にリラックスする環境をあらかじめ決めてルーティンに組み込むことで、必然的にひらめきがうまれるようにコントロールできるのです。

当店にご来店される方も、いつも決まった時間に決まったコースというふうに自分のルーティンを持っています。
是非、ひらめきを得たい方は自律神経をうまくコントロールする術を身につけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

求人情報

コメントを残す

*