エナジー研究所

よく耳にする”骨盤調整”。あまり知られていない自律神経との関係とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
飯田橋、頭、自律神経、原因、マッサージ、

骨盤調整というような言葉はたいていの方ならきいたことがあると思います。
自律神経についてもご存知の方が多いかと思います。

しかし、骨盤と自律神経のつながりは?
と言われると、ちょっと理解しにくいのではないでしょうか。
そこで、体を整える上でもっとも基本的な部分の骨盤と自律神経の関係について説明します!

骨盤は左側が交感神経、
右型が副交感神経の状態に深く関わっています。
ですから、
左側の骨盤を調整することで交感神経の働きを、
右側の骨盤を調整することで副交感神経の働きを整える事ができます。

この骨盤の歪みがとれないと、習慣や考え方を変えてみたところで、
自律神経(交感神経、副交感神経)の働きを高め、根本から改善するというのは
なかなか難しいのです。

骨盤が歪むことでと、背骨全体が歪みます。
この背骨全体が歪むことにより頭蓋骨まで歪みます!

逆に頭蓋骨や背骨の歪みから、骨盤が歪んでしまうこともあります。

骨盤、背骨、頭蓋骨には自律神経だけではなく、その他ほとんどすべてと言ってよいほどの神経の経路があります。
そして様々な機能があります。
なので、歪んで固まってしまう事で、自律神経はもちろん、様々な不調が出るのは当然なのです。

Feezでは、頭蓋骨、背骨、骨盤の歪みをチェックし、問診をすることで、
身体が今どんな状態にあるのか?自律神経がいまどんな状態にあるのかを確認します。

そして身体の歪みの根本原因がどの分部にあるのかを見つけ出し、施術によって解決していきます。
自律神経の働きを高めるためには、身体の歪みをとること、これが一番の近道なのです!

自律神経を整えるということは、
単純に交感神経を高めましょう、副交感神経を高めましょうという単純なものではありません。
交感神経(活動モード)と副交感神経(回復モード)がそれぞれが状況に応じてスムーズに切り替えができて、
しっかり働くようにするということなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

求人情報

コメントを残す

*