エナジー研究所

夜も眠れない。。耳鳴りの構造的メカニズムとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
耳鳴り、頭、自律神経、めまい、飯田橋

耳鳴りは人口の10~15%が感じていると言われています。

耳鳴りとは、周囲に音がしていないのに音がしているように感じてしまう場合のことを指し
まれに、心拍や呼吸音などの体の中の音が聞こえてくる場合もあります。

 

耳鳴りの原因は西洋医学では解明できていませんが、

実は、頭蓋骨のゆがみでも起こる場合があります。

ポイントになるのが、側頭骨の歪みです。

頭蓋骨の一つである側頭骨の中には内耳や中耳があります。
その内耳の中に音を感じる蝸牛や、平衡感覚を感じる三半規管があります。

その為、側頭骨が歪むと内耳の中にあるこれらの機能の働きが狂ってしまうんです

側頭骨が歪んでしまう原因としては”顎関節症”があげられます。

顎関節は、側頭骨と下顎骨で関節を作っています。
しかし顎関節が歪んだ状態で物を噛み続けてしまうと

噛む力で歪みが側頭骨まで伝達してしまい、側頭骨の位置がずれてしまい
その結果、耳鳴りを引き起こしてしまうのです。

また、顎関節の周りの筋肉や靭帯が縮むことにより、その力が内耳まで影響し、耳鳴りが起こる場合もあります。

過度なストレスにより自律神経が乱れてしまうと
耳鳴りの前に、めまいを感じる場合もあります

自律神経の乱れから、耳鳴り・めまいを併発する事も多いです。

普段からストレスを溜め過ぎないように、気持ちを切り替える時間を作っていく事が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*