自律神経が乱れると
どんな症状が出るの?

自律神経失調症の症状は、身体的な不調や症状と、精神的な不調や症状に大きく分かれ、その症状は人によってさまざまです。 
不調を感じているのに病院の検査ではわからないことも多く、自律神経失調症による症状という自覚がなくても、自律神経失調症の不調や症状でお悩みの方は多くおられます。 
今まで感じていたあなたの身体の不調や症状は、実は自律神経の乱れによる不調かもしれません。
それでは実際に、ご自身で簡単にできる自律神経の乱れチェックシートで、当てはまるものを確認してみましょう。

自律神経の乱れ
チェックシート

該当するものを数えて、乱れ具合を判定してみましょう。


□よく頭痛やめまい、耳鳴りがする
②□胸が圧迫される感じや苦しい感じがある
③□脈拍が早い、動悸がする
④□手足が震える
⑤□便秘や下痢になりやすい、または繰り返している
⑥□全身がだるい
⑦□胃の調子が悪く、食欲がわかない、胸やけや吐き気がする
⑧□肩こりや腰痛が解消しない
⑨□朝、起きるのがつらい
⑩□寝ても寝ても疲れがとれない
⑪□喉に違和感がある
⑫□不安、イライラすることが多い
⑬□気分が憂うつである
⑭□集中力が続かない
⑮□怖い夢を頻繁に見る、金縛りにあう

いくつ該当するものがありましたか?

💡1~5個の場合
A判定

💡6~10個の場合
B判定

💡11~15個の場合
C判定

B~C判定の方は、自律神経の乱れを疑った方がよいかもしれません。


チェック項目の症状や不調はほんの一例です。
これらは、自律神経の乱れレベルを計測する為のもので、該当したレベルから更に細かく分類した状態に分けられます。

ご自身がどのような状態か更に詳しく知りたい方は、一度お問い合わせくださいませ。

特典情報

頭、リラクゼーション、自律神経、飯田橋、マッサージ

チェックシートの結果を、LINE公式”ご新規様専用お問い合わせ”へ送信すると、初回来店の際に20分延長で施術を受ける事ができます。
既に辛さを感じている方へは、初回で原因部分までアプローチすることができるので特にお勧めです。
自律神経症状に関するご相談に充てていただいても構いません。

例:A判定の方・・・・”A判定”とメッセージを送ってくださいませ。
ご来店時にスタッフに送信画面をお見せください。

自律神経の事を
もっと知りたい方はこちら!

専門店ならではのお身体情報満載!!
“Fee’zスタッフ監修 エナジー研究所”
↓↓