Fee’zが考える健康の定義

皆さんにとって”健康”とはいったい、どのような状態の事を指すとお考えでしょうか?

「病気じゃなければ健康」「元気に動き回れる事」
「辛さを感じない事」「気分が良ければ健康」

人によって様々な捉え方があると思います。

病気もなく、辛さを感じずに元気に良い気分で動き回れることは、まさしく健康な状態です(^ ^)

ですが、現代社会
ひと昔前では考えられなかったような環境の変化が起こり、
長時間のデスクワークや、あらゆるストレス量の増加で、
人間の身体にとっては経験したことがない未曾有な負荷を強いられる時代となっています。

仕事量、生活環境、公私問わず求められる役割…etc

身体は強くできているので、知らず知らずのうち無意識にかかり続けるストレスに対して抵抗しようと頑張っています。

しかし、その我慢も長くは続きません。
そうして現れるのが、自律神経症状という身体からのアラート(警告)なのです。

そんな環境の中、私たちが健康な状態を維持するためにはどのような意識が必要でしょうか?

怪我をしてから気が付く、病気になってから気が付く、
果たしてそれは健康な状態で過ごしていたと言えるのだろうか?

そこで最も大切な事があります。

それが、私たちFee’zが考える健康の定義です。

それは、
「健康とは、痛みや辛さが無いことではなく、痛みや辛さを正確に把握している事」です。

今身体に何が起きているのか?を正しく知る事。

どうしてそうなったか?を正しく知る事。

どうなっていれば防げるのか?を正しく知る事。

どうすれば本来の身体の機能発揮できるのか?を正しく知る事。

頑張り続けると不調を感じるのは当然の事です。
しかし、最も避けたいのは、不調を不調と感じなくなってしまうことなのです。

ですので、私たちは
“自らの不調を正しく知り、正しく対策を立てていくプロセス”こそが、本当の健康の姿であると考えています。

その為にまずは感じる力が弱くなった身体を、本来の感覚が戻るように整えて神経伝達を改善させましょう!