Feez施術理論

一流スポーツ選手にみる。自律神経を操る巧妙とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
一流、自律神経、頭、飯田橋、マッサージ

アスリートにとってトレーニング以上にコンディショニングは競技結果に直結する重要な要素で、
格闘家のみならずあらゆるアスリートにとってコンディショニングは競技前に重要です。

コンディショニングは、自律神経の安定が重要であることは間違いありません。

キーポイントは「自律神経」です。スポーツの試合中は緊張状態にあるので、交感神経が高まっています。
もちろん、交感神経は体にアクセルをかける働きを担うので、試合中に交感神経が高まることは悪いことではありません。
ただし、交感神経だけが常に高まった状態でいると体が極度に緊張し、本来の実力を発揮することができないのです。
つまり、実力を100%出すコツは、気持ちを高揚させながらも、どこかリラックスした気持ちを保ち、冷静でいることです。

そのような状態を作るときに注目すべきなのが副交感神経です。
交感神経と副交感神経の両者がとても高いバランスで働くことにより、パフォーマンスを最大限引き出すことができるのです。

選手に最も重要となるのは、試合時に練習で培ってきたパフォーマンスを最大限引き出すことです。
どれだけ日々練習を積み重ねたとしても、本番でその成果を発揮できなければ評価されません。
そのため、「自分の実力を100%出す」ためのトレーニングを日ごろから行う必要があるのです。
自分の実力を100から120に伸ばすことより、100ある力を安定して90出せるようコンディションを整えることの方が、本番のパフォーマンスを上げることに効果的なのです。

すでに根性論だけでは世界と闘うことはできません。そこで、科学や医学が進歩した時代に、新しい論点が生まれています。
それが、”自律神経”のコンディショニング。

一流アスリートが最高のパフォーマンスを発揮するには、「交感神経と副交感神経の両方を高いレベルにする」ことが大切なのです。

実はこれは、ビジネスマンにも同じことが言えます。
日頃からハイパフォーマンスを出すことができるよう自らをコントロールできれば、仕事の効率や成果が格段にアップしていくことになります。

【呼吸】

一流アスリートが自律神経機能をコントロールする上で、最も大切にしているのが”呼吸”

アテネ五輪男子ハンマー投げ金メダリストである、室伏広治選手も呼吸法によるトレーニングを受けていたことは有名です。
ヒクソングレーシーもヨガによる呼吸法をトレーニングやコンディショニングに導入していることも知られていますね。
その他、武道にも呼吸法が精通しています。

運動を制御するのは大脳や小脳だけではありません。
自律神経が身体の細かい部分や多くの器官をコントロールして生体機能を保持しています。

実は、身体をコントロールする自律神経を鍛えることは、筋肉や心肺機能を鍛える以上に重要であることがあまり知られていないのです。
私たちは、呼吸によって唯一、自律神経機能を随意的にコントロールできます。
心拍も消化も発汗も瞳孔の動きも自分の意志ではコントロールできませんね。

呼吸は心拍変動を生み出し自律神経に大きく左右し副交感神経機能を向上させることが科学的に知られています。
昔から、太極拳、空手、古武道、ヨガ、瞑想・・・呼吸法が極めて重要であることは経験的に知られていました。
この呼吸によるアスリートのトレーニングはすでに軍事、宇宙開発、各種病気の治療にも導入されているすぐれた手法なのです。

【自律神経のバランスを乱さない】

イチロー選手は”ルーティン”を何よりも大切にすることはもはやほとんどの方がご存知です。
おなじみのバッティング前のルーティン動作に始まり、彼の場合は生活習慣や、試合前の道ルート、階段の昇り方。
そして、試合前の練習では、決まって同じ方向への流し打ちから始める。練習が終わったら2時間のマッサージ。
決してその日の気分で「今日はセンターから打ってみようかな」ということはないのだそうです。

イチロー選手が大切にする”ルーティン”。その効果は、
毎日同じことをすると、いつもと少しでも違う感覚があれば気づく事ができるようになること。
そしてもちろん、結果を出すために欠かせないトレーニングを確実に行えるようにすることは上げられますが、

実は”自律神経の働きを高めること=試合で最高のパフォーマンスを発揮すること”がなによりもの恩恵なのです。

自律神経が乱れる要因は、ストレスです。
ストレスは、自分の想定外の事や、決断を迫られる場面、何が起こるかわからない場面で特に強く押しかかります。
そして交感神経を不要に活発にさせてしまい、コンディショニングの妨げになってしまいます。
ですので、毎日同じことをして、できるだけ不要のストレスから遠ざかるのは、最高のパフォーマンスを発揮する上でとても重要なのです。
これはスポーツ選手以外でも当てはまりますね。

ラグビーだと五郎丸選手が有名です。しかし、ラグビーのキック選手は五郎丸選手以外もみな、自分のルーティンを持っています。
ルーテインによって五郎丸選手の何が一番整っているのかといえば、前述した呼吸です。
呼吸が整うと、自律神経が安定します。すると、血流が末端まで行き、思ったところにキックできるようになるのです。

ゴルフでも、タイガーウッズ選手はパターの時に必ず2回、大きい呼吸をするのがルーティンです。
打った後、淡々と歩くのも、彼のルーティンです。ほとんどのプロゴルファーは、アドレスに入るところから全て、ルーティンをやっています。

人間の体の中には60兆個の細胞があります。パフォーマンスの向上は、この細胞に、質のいい血液を十分に流すことができるかどうかにかかっていて、
それができれば、手足の末端にまで血液が流れ、繊細で敏感になり、身体がいろいろな対応をできるようになるのです。

そして、一流選手はこれらを試合の動作のみならず日常生活にまで組み込ませることで、最高のパフォーマンスを発揮しています。

【まとめ】
ところで、スポーツ選手が「他の選手の動きがスローになった」「ボールが止まって見える」と話しているのを、聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。
このような極限の集中状態を「ゾーン」と呼び、一流のスポーツ選手は無意識のうちに入ってしまうことがあります。
このときの自律神経のバランスは交感神経と副交感神経が1:1。まさに最高の状態になっていると言われています。

もちろん、スポーツの場だけでなく、仕事でも「ゾーンに入る」経験をすることができます。
たとえば、仕事に熱中して雑音が気にならなくなったり、時間を忘れてしまったりすることも、「ゾーンに入る」という状態です。
このストレス社会の中、およそ9割の人の自律神経が崩れていると言われています。
このようなゾーン状態に持っていくためには、ストレスによって乱れてしまった自律神経のバランスを、日々意識的に整えることが重要です。

ビジネスマンも、日々納期に追われたり、会議に走ったり、多忙な仕事生活を送っていると、どうしてもストレスを過剰に抱えてしまいます。
そのような環境の中では交感神経が著しく活発になっており、副交感神経の働きが弱くなってしまいます。
その状態のままでは、優れたパフォーマンスを発揮することは難しいですね。

前述の通り、高いパフォーマンスを維持するために重要なのは「交感神経と副交感神経の両方を高いレベルにする」こと。
「上司に怒られるかもしれない」「プレゼンで失敗したらどうしよう」など、強くストレスを感じながら仕事をしていると、否が応にも交感神経が優位になってしまいます。
そんなとき、意識的に副交感神経を高め自律神経を整えれば、集中力が増し、仕事のパフォーマンスアップが期待できるでしょう。

いつ何が起こるかわからないビジネスの現場で、最高のパフォーマンスを発揮するためにも、副交感神経が高いレベルで働く状態に整えておくことはとても大切です。
日常的に自律神経機能を高める工夫をし、あなたにとっての万全なコンディショニングをしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

求人情報

コメントを残す

*