エナジー研究所

心当たりある!「激辛カレーが食べたい」は自律神経が乱れる前兆?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
飯田橋、頭、マッサージ、原因、自律神経

最近は自律神経が大分注目されるようになってきましたね!
そのせいか、こんな質問をされることが多くなりました。

「自律神経の状態を知るにはどうすればよいのでしょうか?」
こんな質問をされることがよくあります。

少し自律神経についてご説明しますと
自律神経は外的環境や状況変化などに応じて、
交感神経から副交感神経へ、副交感神経から交感神経へと絶えず揺れ動いています。

この揺れがあるおかげで、私たちの健康は保たれています!
病気にかかったりするのは、この揺れが乏しくなった時、もしくは
偏って働き始めた時です。

では、この偏りにいち早く気付くために、どんなところに注目すればよいのでしょうか?

いろいろありますが、その中の一つとして食の嗜好があります。
実は食の好みや食べ方というのは、自律神経によるところも大きいのです。
人は無意識のうちに、食事によっても自律神経のバランスを取ろうとしているのです!

交感神経が緊張している人は、食事をとることで副交感神経を刺激し、無意識にバランスをとっています。
なので、はじめは一気呵成にとにかく食べて、胃腸の満腹感を刺激します。
胃腸が刺激され、満腹感を感じる事で副交感神経が優位になります、
そして、人心地ついてようやく気持ちが落ち着いてくる。 といった感じです!

副交感神経が過度に優位な人は刺激系に走りがちです。
冷たいアイスクリームや、飲み物、激辛カレーやキムチなど、極端に刺激の強い味覚を好む傾向があります。
これは、リラックスしきった体調に活を入れるための行動です。

このように自律神経のバランスが乱れ始めると、行動にもさまざまな影響が現れるようになります。
とくに、食行動に関しては目立った偏りが現れる事が多いようなので、是非参考にしてみてくださいね!

こういったことを知っておくだけでも、食べ物の嗜好が変わったり、せっかちに食べるようになったり、食べる量が一段とふえたりしたときに、
「ちょっとおかしいかな?」と体調の異変なのだと気付けるようになります。

その場合には「最近何か普段と違ったストレスがないだろうか?」と、日常生活や仕事等、一度振り返ってみましょう。
早くに原因がわかれば、良い対策も立てられるでしょう!

食事以外にも自律神経が過度に乱る前兆がありますので、主なものをご紹介しておきますね。

【交感神経の働きが過剰になった時】

いつも身体が疲れている、いつも不安、夜眠れない、イライラする、周囲の人に腹が立つ、
血圧が高め、血糖値が高め、肩こりがひどい、便秘が続いている

【副交感神経の働きが過剰になった時】

やる気が起こらない、朝起きるのがおっくう、人から言われたことが気になってしからない、
少し動くだけでも疲れる、小さなことにこだわってしまう。

自律神経のバランスを乱す原因はストレスです。
とはいっても、もともと自律神経は環境の変化に身体を適応させるために働いているので、
ストレスがかかる状況にも身体を適応させることができます。

つまり、ある程度までは、ストレスに耐えられるということです。
適度なストレスは交感神経を刺激し、全身の活力の原動力となります、これはストレスのプラスの側面とも言えるでしょう。

しかし、この適応力を超えた過度なストレス状態が続くと、交感神経の緊張が増しすぎて
副交感神経が働きにくなっていきます。

実は病気の大半は、この交感神経の過度の緊張からくるものなのです。

先ほどご紹介した前兆をチェックし、病気を未然に防ぐ手がかりにしましょう!

詳しく自律神経に関して知りたい、自分の今の状態を知りたい
そんな方は是非Fee’zへいらしてください。
自律神経と健康な身体は密接に関係しているので、ご要望があれば
しっかりご説明させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

求人情報

コメントを残す

*