エナジー研究所

なんでなんだろう?1日24時間のサイクルには理由があったんです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
頭、自律神経、飯田橋、マッサージ、頭リフレ

 

「なんで一日が24時間なんだろう?」と疑問に思われたことありませんか?

私たちは通常、朝起きて昼活動し夜眠るという、地球の自転周期に合った約24時間のリズムで生活しています。

実はこの生活リズムは、「朝は起きましょう!」「夜は眠りましょう!」というように世の中の都合で決められたものではないのです。

地球上で何億年も生活してきた生物が、厳しい生存競争に勝ち抜くために、進化の過程で獲得した形質で、私たちは生まれながらにこのリズムを刻む遺伝子(時計遺伝子)というものをもっているからなんです。

この約24時間(多少のズレがあり、25時間ともいわれている)のリズムを概日リズム、またはサーカディアンリズムという。
睡眠と覚醒のサイクルだけでなく、ホルモン分泌、血圧や体温調節など私たちの生理機能のほとんどはサーカディアンリズムを持ち、24時間のリズムで変動しています。

このリズムは人間だけでなく地球上のほぼすべての生物が体内時計を持ち、約24時間をカウントしています。

人間の体は約60兆個の細胞でできているが、生殖細胞を除く全ての細胞ひとつひとつが体内時計を持っています。

それぞれの細胞の体内時計はばらばらに動くのではなく、体内時計の中枢からの信号を受け取り、同期して働いてるんです。

 

この体内時計の中枢は脳深部の視交叉上核(しこうさじょうかく)と呼ばれる部位にあり、一般に体内時計といえばこの視交叉上核を指す場合が多いです。

視交叉上核を例えると、サーカディアンリズムを奏でるオーケストラの指揮者で、体の各臓器は演奏者といったイメージでしょうか。

視交叉上核には何種類かの「時計遺伝子」を持つ「時計細胞」が約1万個も集まっており、体内のフィードバックシステムを使ってサーカディアンリズムを作り出しているのです。

別の言い方をすれば、各時計遺伝子はサーカディアンリズムに合わせて増えたり減ったりするという事です。
このような時計遺伝子の「動き」をまとめて、体内時計と呼んでいます。

朝増える時計遺伝子、夜増える時計遺伝子、というように、時計遺伝子の「動き」は体内の時刻を表現しており、体内時計は日々時刻合わせを行っているのです。

前述したように、現実の生活は24時間サイクルですから、地球の自転周期との「ずれ」をなくすために毎日1時間、体内時計をもどす必要があります。

この体内時計を戻すのに最も大事なことは、朝方の日光を浴びることです。

体内時計の親時計が存在する視交叉上核は目から脳へ視神経が伸び交叉するところにあります。
なので、毎朝日光を浴びることにより、体内時計を1時間もどすことになります。

朝の光で親時計がリセットされると、親時計から自律神経を介して全身の細胞の時計(子時計)へ時刻が伝えられ、それに合わせて子時計もセットされる。

結果、私たちの血圧、体温、ホルモン分泌、代謝などさまざまな生理機能は体内時計に従って調節されることになるんです。

 

また毎日の食事刺激が、視床叉上核を介さずに、脳の時計や体の各部位の時計をリセットできることも確認されています。

 

では、体内時計が乱れると体にどんな影響があるのでしょうか?

体内時計は遺伝子レベルで設定されています。

なので、夜に強い光の下にいることや、朝食を抜いたり、夜食を取ることは体内時計を後ろにずらし夜型生活パターンを助長することとなり、全身の各臓器に不調を引き起こし、不眠だけでなく、がん、感染症、心臓血管系疾患、代謝疾患や精神疾患など、あらゆる病気の引き金となりうることもあります。

また、美容やアンチエイジングにも悪影響を与えます。

 

このように、何気なく生活している一日のサイクルですが、しっかり意味があり、食事・睡眠・運動など、そのサイクルに合わせる事が何よりの健康につながっていくと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

求人情報

コメントを残す

*