エナジー研究所

「”睡眠の質を上げる”には副交感神経の働きを高める!だけではいけない?!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
飯田橋、頭、自律神経、睡眠、原因

「睡眠の質が悪い・・・」
「寝付くまでに1時間以上かかってしまう・・・」

そのような不眠症状で来店される方はとても多いです。

最近では、自律神経の働きについても認知されてきて、副交感神経への切り替えがうまくいっていないとおっしゃる方も増えてきました。

現代社会、ストレスが常につきまとう生活習慣や、膨大な情報量のなか1日中休むことなく頭をフル稼働させている環境下では
交感神経が過剰に高まり、休みにくくなっていることも事実です。

夜に副交感神経が優位になると、寝付きが良くなってぐっすり眠れ、心身の休息と回復がしっかりと行われます
また、睡眠中には特に成長ホルモンが重要な働きをし、細胞の新陳代謝を促進し、病気の治癒、免疫力の向上、アンチエイジングなどの働きをしてくれるので、
睡眠の質を高めるには副交感神経が高い状態で働くことが重要となります。

しかし、実は
夜に副交感神経を優位に活動させるには、実は昼間の生活が重要なのです。
昼間、いかにメリハリをつけた生活をするかにかかっています。生活にメリハリがないと自律神経のバランスが悪くなってしまうのです。
例えば、日中に運動を一切しなかったら交感神経の活性化が足りず、夜になってから交感神経が働いてしまう。
日常生活でどちらかの神経ばかり働かせてしまうことで、自律神経の切り替えがうまくいかなくなる。
なので交感神経が日中にしっかりと活動することで、夜、副交感神経への切り替えがスムーズにいくようになります。

そして、自律神経は体内時計によってコントロールされているため、日中、交感神経をしっかりと働かせるには、体内時計を整え規則正しい生活をすることが重要になります。

就寝前に副交感神経の働きを高める方法としては、ぬるめのお湯(38-41度)への入浴、軽いストレッチ、アロマ、音楽、腹式呼吸などが手軽で有効です。
それに加えて、日中のウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動も取り入れて、身体にリズムを覚えさせていくことも対策としては重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

求人情報

コメントを残す

*