エナジー研究所

現代人は呼吸が苦手?!呼吸と不定愁訴の関係性とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
飯田橋、頭自律神経、呼吸、原因

先日ご来店された方の中に、
集中して仕事(PC業務)をしているとき、呼吸がうまくできていない感じがして、
息苦しくなってくる
そしてだんだん頭がぼーっとしてきて集中できなくなってしまう。
という方がいらっしゃいました。

こうなってしまってはなかなか仕事もはかどりません。
周りにも迷惑をかけてしまうので辛い。と

近年、日本人の多くは、肺を始めとする呼吸にかかわる機能が
とても弱くなってきています。

原因は、慢性的な運動不足や異常気象の影響、姿勢の乱れや栄養過多もしくは栄養不足。
そして、環境によるストレスや腕の使い過ぎによる体の偏り、姿勢の乱れからくる体の歪み、疲労などさまざまです。

時代の変化によって生じたこれらの現象が複雑に絡み合った結果
近年では、ほとんどの方の身体で呼吸器が弱っていることが確認できます。

呼吸は、酸素を取り込み全身にゆきわたらせる生命活動の要であり、元気の源です。
そのため、呼吸器が弱くなってしまうと、一日何万回とおこなっている呼吸の質が落ちて
、生命活動が弱くなってしまいます。

本来、体には弱った部分を回復させる機能がそなわっているのですが、呼吸器の弱りによって
生命活動落ちると、生きるだけで精一杯になり、身体を回復させるためのエネルギーが得られません。
ここ数年、ずっと元気だったのに不調になる人、病気を再発させる人などが増えてきました、

これはまさに生命力が落ちたことが関係しています。

日本では古くから、深呼吸や呼吸法などを大切にしてきました。
これは、副交感神経が優位になり精神的にリラックスできるという理由のみにとどまりません。
深い呼吸をすれば多くの深部筋や骨がスムーズに動くようになる等、健康上のメリットが多くあります。

逆に呼吸が浅い人は、回復力が弱いため健康を害しやすく、精神的にも怒りやすくなるなど、様々な悪影響が生じてしまいます。

Feezでは、呼吸器の働きをよくするため、胸椎の働きを高めていきます。
胸椎と呼吸がなぜ?と思うかもしれませんが、
胸椎が歪んで硬くなってしまうと、胸椎というのは肋骨につながっているので
胸郭、つまり肺を覆っている部分全体が固くなり、呼吸がスムーズにできなくなってしまいます。

そのほかにも首や背中には呼吸にかかわる筋肉が沢山あります
その一つ一つの状態を確認し、呼吸をしにくくしている原因をみつけ、
呼吸がしやすくなるようアプローチしていきます。

呼吸がしやすくなると、身体の回復力が高まり
様々な良い影響がでてきます。

仕事や日常でのパフォーマンスアップにも是非ご活用ください
呼吸法や効果的なストレッチのやり方等、ご提案させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

求人情報

コメントを残す

*